岡崎市 自家焙煎珈琲の店 uchi coffee(ウチコーヒー)

 忙しい毎日の中で、ほっと一息
  自家焙煎珈琲、自家製の食パンとケーキ、Bean to bar(ビーントゥーバー)チョコレートをアンティークな雰囲気の店内でお楽しみください。

 珈琲豆は100g単位で量り売りもいたしております。

2018年05月16日 13:37  カテゴリ:自家焙煎珈琲カテゴリ:珈琲豆カテゴリ:Bean to bar チョコレートカテゴリ:自家製食パン ケーキ

Bean to bar チョコレート

Bean to bar(ビーン トゥー バー)チョコレート
チョコレートの原料としてのカカオ豆は(古代マヤ
文明から)何千年もの間使用されています。
今日では、「スーパーフード」、「脳の老化を防ぐ
可能性がある」として本格的に研究を始めるほど、
今注目が集まっています。

一般的なお店では、製菓用向けの「クーベル
チュールチョコレート」を仕入れて粉乳、乳化剤が
含まれた原料で商品作りをしていますが、
当店では、生カカオ豆から仕入れ、焙煎(ロース
ト)・粉砕・磨砕。コンチング・テンパリング・整形・
完成・板チョコレートになるまでの全ての工程を、
1つの工房で行い、カカオ分と砂糖のみでの
商品作りを準備しています。

Bean to bar(ビーン トゥー バー)チョコレート
とは豆~板チョコレートまでの工程を1つの工房で
作ることを言います。

               
     カカオの木で完熟中

  
   
  豆が25~50ヶ入っています。         


   
    焙煎後薄皮をむきます。 

 
  
    スリコギで粉砕中


  
     完成です。



Bean to barの良さである、ひとつひとつの工程に
こだわりが加わり、新鮮な状態のチョコレートを
お客様にお届けできますので、深い味わいと香りを
お楽しみください。手作りの温もりや愛情が
こもっているところも、Bean to barの良さです。
カカオが持つ本来の味とカカオ産地国ごとの特徴を
体感し、あなたのチョコレートの概念を変えてください。

当店のチョコレートは「カカオのみ」 と 
「カカオ+カカオバター」+砂糖
のものを検討しています。

現在は試食段階ですが、来店の時 
「ブーログ見たよ」と言ってくだされば
お出しします。


    皆さまのご来店をお待ちしています

             

     







 




同じカテゴリー(自家焙煎珈琲)の記事画像
珈琲カップ
素敵でしょう。
珈琲豆に感激!
精神的疲れ
メニュー
裏メニュー 焼き上がり ♪
同じカテゴリー(自家焙煎珈琲)の記事
 珈琲カップ (2018-05-22 10:32)
 素敵でしょう。 (2018-05-21 09:06)
 珈琲豆に感激! (2018-05-19 16:46)
 精神的疲れ (2018-05-18 17:30)
 メニュー (2018-05-18 10:32)
 お店のこだわり (2018-05-18 10:32)

Posted by uchi coffee  ウチコーヒー │コメント(1)
この記事へのコメント
こんにちは
ブログ早速訪問させて頂きました。
ケーキ屋のブログにリンクもさせて頂きました。
これからもよろしくお願い致します、
Posted by ル・フロマージュのおばさん at 2018年05月16日 18:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。